株価日経平均を分析する方法

株式投資や日経先物へ投資をする際に株価日経平均をしっかりと分析したいと思うものですが、その方法は投資の基本であるテクニカル面とファンダメンタルズの両面から分析をしていく投資家が多いです。
それ以外の方法として相関性を紹介します。
株価日経平均を分析するために株価日経平均と関連性の深いものとして、日経先物とダウ先物、そして為替のドル円を覚えておきましょう。
これらは連動性が非常に高いです。
株価には日経平均採用銘柄があります。
それらの銘柄の株価というのは日経平均に大きな影響を及ぼすわけですが、それをけん引することが多いのが日経先物です。
日経先物は日本とアメリカの政策の差や経済の動向によってダウ先物とお互いに連動することが多いです。
単純にダウが上がると日経が上がることがありますし、日経が上がると日経採用銘柄は上がりやすいです。
また、ここにドル円が絡んできます。
株式に大きな影響を与えるネタがない時、それはドル円の動向によって相場が動きやすいです。
そして、ドル円の相場の観点から見ても、為替レートに影響を与えるネタがないなら株式の相場が注視されやすいです。
ドル円はさらに国債先物の動向とも関連が深いため、このようにして考えると株価日経平均とダウ先物、ドル円と国債先物の4つは非常に相関性が深い為、分析の一つの方法として覚えておくのが良いです。
これはある意味知っていて当たり前の情報でもあるので、これから投資を始めるという方は必ず覚えておきましょう。
相場を見る時、これらを同時進行で監視するとその相関性を理解しやすいです。
特に経済指標など、重要な事柄が発表された時は相関性として連動しやすい傾向があります。

ページトップへ