株価の中間配当権利確定日はどこの証券会社も同じ

日本インター予想株価を参考にして今が割安だと判断をして、購入をする場合中間配当権利確定日はどこの証券会社を利用しても同じなのだろうかと疑問に思う人もいるかも知れませんが、これはどこも同じでありどのような証券会社を利用していても中間配当権利確定日が変わるということはありません。
そのため、証券会社ごとにいつまでに株を購入すればいいのかということは考える必要がないので、権利確定日のことだけをしっかりと覚えて取引をすれば株主としての権利を得ることができます。

権利確定日というのは文字通り株主として権利が確定する日のことですが、株というのは株の受け渡しに時間がかかるため、株を購入したその日に株主になることが出来るというわけではありません。
株の受け渡しには取引の翌日から数えて3営業日ほどかかるので、注意をするようにしましょう。
権利を確定することが出来る最終日とその翌日との株価というのは、大きく動きやすいものであるためこのことを知らずに買うタイミングを間違えてしまうと予想外の損失を出してしまうことがあります。

ただし、日本インターのような値動きがそれほど激しくない銘柄に関しては、特段地合の悪化といったものがなければ権利落ち日の値下がりに関しても配当分の数円程度ということが多いので、そこまで大きな影響はありませんが配当も高く人気の株主優待を配布しているという銘柄の場合には数十円から百円単位で値下がりをするということもあるので、買いどきを誤ると大きな株価の下落に巻き込まれてしまうことになります。
もちろん下落に巻き込まれても、ある程度配当と優待でカバーをできますが知らないで取引をしていた場合、リスクが高くなってしまうので注意が必要です。

ページトップへ