ホンダやコカコーラウエストなどの東証一部の株価

株価というのは企業の業績によってまず動くものですが、それだけでなく全体の地合によっても左右されるものとなっています。
ホンダやコカコーラウエストのような東証一部の大きな株というのは、それだけ全体の影響も受けやすいものとなっていて、ホンダやコカコーラウエスト自体に特に大きな材料がなかったとしても日経全体が上昇をしてれば、それにつられて株価が上昇することがあり、逆に日経全体が軟調であればホンダやコカコーラウエスト自体に大きな悪材料がでなくとも株価が下落してしまうということは少なくありません。

しかし、当然のことながら何より大事なことは個別の銘柄の業績であるため、どれだけ日経全体が盛り上がっていたとしても、業績悪化をしている企業の株価というのは右肩下がりになってしまうものです。
その逆に全体の地合が悪くとも、業績のいい企業というのは試合に逆行するように株価は右肩上がりで伸びていくことになります。
そして、ホンダやコカコーラウエストというの比較的安定している企業であるため、業績の影響も大きなものとなりますが全体の地合というのも重要な銘柄となっていて上に行くか下に行くかはっきりしないという動きを見せているときには、地合次第でどちらにも動くことがあるのでその辺りを良く注意して投資を行う必要があります。

そして、もうひとつ忘れてはならないのがこのふたつの銘柄は優待銘柄であるというポイントであり、特にコカコーラウエストは自社製品の清涼飲料水などと交換をすることができるポイントをもらうことができるので好きな製品に換えることができるため、優待人気の高い銘柄であり優待月近くでは優待目当ての買いが入りやすい銘柄となっていて、株価にも影響があるため覚えておくと良いでしょう。

ページトップへ